環境ビジネスとは

2050年 脱炭素社会の実現へ

地球温暖化防止京都会議(COP3)が開催され、京都議定書が採択された翌年、1998年に環境ビジネスは創刊しました。

産業革命以来、豊富な化石資源を前提とした消費社会は人々の生活を豊かにしましたが、一方で地域的な公害を引き起こし、近年は地球環境全体に悪影響を及ぼしている可能性が指摘されています。

日本政府は、京都議定書で2012年の温室効果ガスの削減目標を-6%に定めました。その後、「21世紀後半のできるだけ早期に脱炭素社会を実現する」ため各種制度、補助金を発表し、産業界にも取り組みを求めています。太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギー、電力自由化による新電力の登場なども、その一例であります。

そうした中、世界全体の環境の動きとしては、地球温暖化(グローバル・ウォーミング)に端を発した、脱炭素経営、脱プラスチック、ESG投資やSDGsなど新しい概念や市場が生まれ、同時にサーキュラーエコノミーの考え方とともに、企業活動も大きな転換期を迎え、その存在意義さえ問われている状況です。

こうした背景に対して、私たち環境ビジネスは、海外の最新動向、日本政府が発表する制度や補助金、メーカーが発売する環境配慮型製品やサービス、またそれを導入する企業事例など、これらの情報収集を活発化し、メディアの発刊、情報発信、イベント開催、ソリューション事業を通じて、 2050年の脱炭素社会を実現するために、社会の一翼を担っていく所存です。

環境ビジネスの強み

環境ビジネスは、1998年に創刊した環境業界の専門誌です。
企業のESG、CRM、エネルギー担当者をはじめ、行政、業界関係者に広く読まれています。

  • 20
    年以上

    1998年に創刊し、20年以上に渡って業界情報を発信し続ける、環境メディアのパイオニアです。

  • 57,000

    オンライン会員は57,000人。企業の導入キーマンをはじめ、業界関係者に広く読まれています。

  • 45,000

    雑誌の発行部数は45,000部。書店で手に取れる雑誌を発刊することで、信頼されるメディアを目指しています。

雑誌・Web広告